『未来への扉』を設置したい!

Posted on by on 2015-07-12

mira02i

未来への扉2012年にWISH HOUSEが鉄筋2階建てになり、より活動の幅がぐ~んと増え、より多くの子供たちと安定して関われるようになりました!扉も鉄のシャッターになり、防犯もできるようになりました。

ところが…、近所の野良犬猫が、夜な夜な入り込んでは糞尿をし、遂にはお産まで堂々とします!毎朝クラスに入ると、まずはその掃除から始まります。いくら犬猫たちに話し掛けても、みんな全く知らんぷり。きっと、自分たちの家だと思っているに違いありません。

更に、雨期の大雨や台風では雨が吹き込み、壁に浸みこみ、水浸しになり備品が濡れることもあります。ケアする子供たちの数が次第に増え、より安心できる環境が提供できるように、ガラスの扉を設置したいと考えました。

未来への扉2

WISH HOUSE施設を建設する時に、生まれた時から差別を受けている子供たちが人々に対して恐怖心を抱いていることから、開放感を抱き、周りとの隔絶を無くすために、吹き抜けの大きな空間になるように建設しました。天井には、訪問学生と子供たちが一緒にペンキ塗りをして青空を描き、扉のシャッターや2階への螺旋階段は楽しい空間となるようにカラフルに仕上げました。子供たちは”自分たちの空間”として、楽しんで参加できるようになりました。
そんな子供たちの気持ちを損なわないように、空間を壊さないように、また日本人訪問者との関わりから未来への希望を抱けるように、

『未来への扉』

と名付けて、スライド式のガラス4枚扉を設置したいと思います。

未来への扉3ガラスの大きな扉は地域にはなく、地域のシンボルとなるでしょう!

ガラス張りの恰好良い空間に、子供たちが自慢できる施設になるでしょう!

開放感がありながらも、扉で囲われた教室らしくなり、より学習がしやすい空間となるでしょう!

 

  • 事業目標額:40万円
  • 支援内容:一口 5000円から

ご支援くださった方には、建物にお名前を刻ませていただきます!

 

郵便振込口座番号:00960-8-321736
振込宛先:特定非営利活動法人NEKKO

(振込用紙に「未来への扉」とご記入ください。)

 

もし設置されれば…、と子供たちの喜ぶ顔が想像されます。ご賛同いただける方、ぜひご支援ください!

« 年次報告書類